帯図案制作

2015年10月13日-Kyoto,Ohara 京都、大原, paper-cutting 切り絵

1higanbana (600x450)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【Ruriya.hinoe Produce】
友禅作家中川正洋×切り絵作家望月めぐみ

着物「彼岸の夢」帯「瑠璃の灯美」

このたび「Ruriya.hinoe」藤原有紀子様プロデュースにより、ご考案の着物「彼岸の夢」帯「瑠璃の灯美」制作のプロジェクトに加わらせていただきました。
彼岸花が陰に陽に映える片身替わりの夏着物を制作されたのは、蒔糊友禅作家の中川正洋先生です。夢と現のあわいに咲く彼岸花を、ネガとポジを巧みに組み合わせ、叙情性豊かに蒔糊友禅で表現されています。

3hara

望月は陰陽五行のひとつのエレメントにあたる、魂の灯火、篝火というお題を頂戴し、初めて帯をデザインさせていただきました。この図案が中川先生の手によって、切り絵の線描の細部にいたるまで再現されています。
小千谷・絹上布の薄物の美しさと、上品な生地白の五泉・絽縮緬の帯地が生かされた、この世でたったひとつの美の誕生・・・洛北大原の里でひとりの女人に纏われたとき、此岸と彼岸を越えた夢幻の景色が立ち現れました。

着物図案、友禅染:
中川正洋 友禅作家 真糊・蒔糊友禅 日本工芸会正会員
http://www.eonet.ne.jp/~eirokuenn/
帯図案:
望月めぐみ 切り絵作家
http://www.mochime.com/

5suso  4otaiko