2018年2月

Statement

2018年02月11日-Statement

“You didn’t use a laser machine to create this!?”
At an exhibition, someone said to me in front of my work. I will never forget this word.

The technique of paper-cutting is very simple.
Cut out countless shapes from a single sheet of paper. There is nothing in the cropped part.Every time a peace of paper is cut out, a line is born, a shape appears, and a beautiful object shows up.In terms of substance, by reducing a large part of a paper, the remaining part is reborn as a beautiful art, which seems transparent to light and creates shadows.

Today, in every field, it is natural to promote mechanization and enhance efficiency. But I spend time cutting a piece of paper by hand with a knife.Sometimes I spend several weeks working on a sheet of paper with length of six meters, and width of one meter.From the first cutting to the last one, I never fail in cutting. Human hands can do this.
The works manufactured by hand finally come to life. Breathing, swinging in each line. It’s difficult the laser machine gives life to a piece of paper.

I will not give up making by hand.
Through the creative process, I will pursue the possibilities of handwork. And through my works, I will convey this message.
This is my mission and my responsibility because I met this simple (but fateful) technique of paper-cutting.

Paper-cutting is the LIFE itself, for me.

「機械で作っているのでしょう?」
以前展示会場で、作品を前に言われた言葉が忘れられない。

切り絵の作業はごく単純だ。
一枚の紙から無数の形を切り取っていく。切り抜かれた部分には何もない、無だ。無が増えるごとに、線が生まれ、姿が現れ、作品が成立する。物質としてはその質量を減らすことで、光を透かし影を生む、新たな美を宿す形象に生まれ変わる。

機械化、効率化が当然とされている今日、私は手にした一本のナイフで時間をかけて紙を刻む。ときには幅1メートル、長さ6メートルの一枚紙を、数週間かけて刻み続けることもある。最初のひと彫りから最後のひと彫りまで、一度も切り損じることなく仕上げる。人間の手にはそれができる。
そして生まれた作品には、機械では成し得ない、呼吸が、ゆらぎが、一つ一つの線に刻まれ息づいている。それが作品を支える生命となる。

手仕事を手放さないこと。
制作を通して人の手の持つ可能性を追求し、作品を通してそれを伝えていくこと。これは私が、切り絵といういたって簡潔な(そして運命の)技法と出会ったがゆえの、宿命であり責任。

私にとって切り絵とは、生きることそのものです。